<< アイリッシュフルートのコンサートに行ってきました。 | top | 師匠と兄弟子に会ってきました。 >>

篠笛教室を開催しております。けどフルートの思い出話。

シロクマスタジオでは、篠笛教室を開催しております。

「お囃子の笛」ではなく、簡単な音階の曲(「と〜ふ〜」とか「チャルメラ」とか)、簡単な童謡(「紅葉」とか)からはじまり、外国の曲(「アメージンググレース」とか)、ほたるとか、荒城の月とか、長唄とか・・・、教則本が終わったら宗家作曲の曲集をやったりします。
あとは先生が持ってきてくださった楽譜を吹いたりします。

最初は音が出なかった初心者さんや未経験者さんも、お稽古に来る度にうまいこと吹けるようになっていて、楽しく続けておられます。
経験者の我々も、ハードルをガンガンあげられながら楽しく頑張っております。
講師の鈴木千雅先生は女性で、とても優しいですがしっかり(みっちり?)教えてくださいます。

わたくし、その昔(小学生の頃から)、その鈴木先生にフルートを習っていました。
先生は、もともと(今でもですが)フルーティストです。
わたしは今はフルートは辞めてしまいましたが、Facebookで何十年ぶりかで兄弟子と連絡を取ったきっかけで、先生と連絡を取ることができ、フルートの先生はなんと篠笛の先生になっていて、その流れで名古屋教室として篠笛を教えていただけることになりました。

昔はほんとにデキの悪い生徒でしたけれども、それはあんまり覚えられてなくて

「昔はちっちゃかったけど、今でもちっちゃいな(笑」

ばっかり言われますTT
どのくらいできの悪い生徒だったかというと。
まず、フルートというものが何かを知らずに、近所に住んでた「マリちゃん」に誘われたという理由だけで、習い始めました。
そんな知識なのに、フルート、一番安いのでも5万円はしますから、親がそれを買ってくれたっていうのが未だに不思議です。(5万でも最低レベルですけども。)

昔が今より大きいワケないので、フルートの長さがしんどくて、しかも練習も嫌いで、なんかこう「フルートって乙女全開♪」みたいなイメージもあって、「似合わないね〜」って友達からは言われて、あんまり好きじゃなかったんですね。
全然練習しなくても(兄弟子も練習はしてこなかったけど、初見や真似をするのが天才的に上手かった)、怒られはしなかったですが、やりがいない生徒だっただろうな〜〜〜〜〜と思います^^;
バッハのメヌエット・ト長調が私の課題だった発表会では、ロクに練習しなくて、予想通りの結果となりました。

あのヒドイ生徒っぷりを覚えていてもらえたら、今の成長?をちょっとは感じてくれたかもしれないのになぁとも思ったり、いや〜でも覚えてなくてよかった、とも思ったり。

そんなわたしでしたが、練習に行くのも先生も、好きは好きだったんです。
だから今に繋がったのかもしれないです。

「素敵な先生ですね〜」と人気者の、わたしの師匠です。

まだつづく。

篠笛教室の詳細はこちら。
 
スタジオのご案内・最新のお知らせは、こちらをご覧ください。
シロクマスタジオ | マネにっき |permalink

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
新着情報
※床の傷が増えております。じゅうぶんにお気を付けてご利用くださいませ。
最新情報は「今週のお知らせ」をご覧ください。
【お問い合せ&お申込み】
下記の注意事項をご覧下さい。特に携帯電話が返信先の方は、返信の不達が増えてますのでご注意ください。
こちらの【メールフォーム】からお送りください。
フォームが表示されない場合は、に、ご希望日時、お名前、人数、ご用途を直接ご連絡ください。
◎◎◎お読み下さい◎◎◎
携帯電話のアドレスへの不達が増えております。記載間違いにご注意ください。 ○ご利用案内は こちらをご覧下さい。
○お休みの予定はこちら。
○ご予約FAQはこちら。
返信先はお間違いのないよう、お願い申し上げます。
エラーで戻ってくるメール、またはエラーがなくても不達の場合があります。もし、2,3日経ってもこちらのご返信が届かないようであれば、再度ご連絡いただきましたらブログ上でご連絡をさせていただきます。迷惑メールボックスに入っていないかも、ご確認ください。
Facebookページからご連絡いただくことも可能です
○ご希望時間は1時間単位で、○時(30分)〜○時(30分)でご指定ください。
インターバルが30分程度となっております。搬入、搬出にお時間がかかる場合、
余裕をもって予約をお取りいただきますようお願い致します。
○当日のご予約ですと、空いていない場合が多くございますので、ご了承くださいませ。

シロクマスタジオ

LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
SEARCH