<< 「CUG Live at 能楽堂vol4」のお知らせ。 | top | 名古屋ウィメンズマラソン、名古屋シティマラソンにともなう交通規制につきまして。 >>

先生は、手がでかい。

篠笛教室の千雅先生は、手がでかいです。
出会ってウン十年目の先日、初めて気がつきました。

なんでそんなことを知ったかといいますと。
いつも名古屋に来てくださっているというのに観光もせずとんぼ帰りなので、名古屋観光しようよ!という話になり。
前回の笛教室の前日に、弟子の会第二弾で京都に行って、当然のごとく雨が降りました。
そして次の日先生と一緒に名古屋に帰り、あんかけパスタを食べ、名古屋城など行ってきました。


名古屋城を撮る先生を撮る。


シャチホコを撮る先生を撮る。


テレビ塔を撮る先生を撮る。

先生に、「またかいなっ(怒」などと怒られつつ、ハンズのエスカレーターに乗ってる時に、「先生の手ぇおっきいッスネ!」と、気がついたのです。

手が小さいから、笛は苦手、と仰る方もいらっしゃいますが、割と大丈夫だと私は思います。
小さければ苦労することは、あります。
が、穴を塞ぐことを意識した慣れでカバーできるものだと思っています。

指の長さそのものより、口や喉やお腹の使い方、そして完全に塞ぐための慣れの方が重要です。
私自身が、そもそもミニマムなので、手も小さいし手も短いです。
ハンドフルートなどやると、音はでるけど物理的に空間の制限があるので、音階なんてなぁ・・・という状態ですがめげずにやってみてたら3音分ぐらい出るようになりました。 ←チャルメラしか吹けない^^;

まーそんなミニマムリクでも、6〜8本なら問題なく吹けてますので、手が小さいので、、、と躊躇されている方もあまり心配せずに、実際触れてみるとよいのではないかなーと思います。
もちろん、最初からうまく出来たら教室の存在全否定ですから、慣れるまでは時間も必要になります。

さて、前回練習した曲は、早春賦、冬の夜ナド。
早春賦は二重奏がイイカンジです。切れ目が分かりづらい数字譜は、自分で工夫して読みやすくします。
冬の夜は、何重奏かで吹きたい曲です。明治45年の文部省唱歌。色あせぬすばらしさってすばらしい。


「流派」といっても、堅苦しいことは一切ナシ!
根を詰めて練習しないことが、長く続ける最大のポイント。
ピチピチの若者から人生の大先輩まで、個人のペースで気軽な趣味として笛と触れられるのが魅力の流派です。
そんな篠笛教室はこちら。

 
スタジオのご案内・最新のお知らせは、こちらをご覧ください。
シロクマスタジオ | おんがくっぽいはなし |permalink

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
新着情報
※床の傷が増えております。じゅうぶんにお気を付けてご利用くださいませ。
最新情報は「今週のお知らせ」をご覧ください。
【お問い合せ&お申込み】
下記の注意事項をご覧下さい。特に携帯電話が返信先の方は、返信の不達が増えてますのでご注意ください。
こちらの【メールフォーム】からお送りください。
フォームが表示されない場合は、に、ご希望日時、お名前、人数、ご用途を直接ご連絡ください。
◎◎◎お読み下さい◎◎◎
携帯電話のアドレスへの不達が増えております。記載間違いにご注意ください。 ○ご利用案内は こちらをご覧下さい。
○お休みの予定はこちら。
○ご予約FAQはこちら。
返信先はお間違いのないよう、お願い申し上げます。
エラーで戻ってくるメール、またはエラーがなくても不達の場合があります。もし、2,3日経ってもこちらのご返信が届かないようであれば、再度ご連絡いただきましたらブログ上でご連絡をさせていただきます。迷惑メールボックスに入っていないかも、ご確認ください。
Facebookページからご連絡いただくことも可能です
○ご希望時間は1時間単位で、○時(30分)〜○時(30分)でご指定ください。
インターバルが30分程度となっております。搬入、搬出にお時間がかかる場合、
余裕をもって予約をお取りいただきますようお願い致します。
○当日のご予約ですと、空いていない場合が多くございますので、ご了承くださいませ。

シロクマスタジオ

LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
SEARCH